子供にとってどんな住環境が最適なのでしょうか?

子育てをするとき、多くの方が住環境について悩まれると思います。マンション、一軒家、団地、都心、公害、地方・・・いろんな選択肢がある中で、子供にとって最適な住環境を探したいものですよね。2014年の記事に以下のようなことが報告されています。

“高層マンションでは秀才が育ちにくい”「断捨離」してきれいに片づいた家は子供の意欲を下げる――。2500人以上を難関中学に合格させたプロ家庭教師は、数多くの家庭を見てきた経験から、意外な住環境が子供の学力を左右すると指摘する。さらに、“正しく”受験勉強をすれば、大人になってからもずっと使える思考習慣が獲得でき、燃え尽き症候群にも決して陥らないという。(http://business.nikkeibp.co.jp/article/interview/20140121/258583/?rt=nocnt

 

成長と発達には遺伝子と環境が深くかかわります。遺伝子は変えることは難しいですが、環境は選択することができ、また、環境によって子供の成長は大きく変化します。その中でも、多くの時間を過ごす住環境には、子供教育にとって重視すべきポイントだと思います。

このサイトでは、子供の発達と住環境がどんな影響をもたらすのか、体験談をもとに発信したいと考えています。

子供の住環境において、住む場所も重要ですが、どんなご近所付き合いができるかも大変重要です。ご近所付き合いの例として、例えば、リーガル・ハイというドラマにご近所トラブルの回がありました(リーガル・ハイ2 第4話)。同じ住環境住んでいる、2つの家族に亀裂が入り、裁判になるというストーリーでした。同じ住環境に住んでも、教育方針などで子供の発達がかなり変わる良い例だと思います。住環境というのは、その住む場所と周りにどんなご近所がすんでいるのかの関係も含まれるのです。このような、ご近所関係についても体験談を載せていきます。

このサイトを閲覧してくださった方と、体験談と情報、悩みを共有して、みなさんとこれからの子育てに役立てたいと考えています。また、住環境と子供教育をこれから行う方にも是非閲覧していただき、意見や質問をしていただけたらと思っています。

工務店向け集客ノウハウ

英語上達の秘訣